上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
12月だというのに冬本番です。
除雪作業の様子です。

初出動。運転席から。

初出動

薬剤散布も行います。

薬剤散布

6mグレーダーに乗ることもあります。
二車線をいっきに除雪することが出来ます。

6mグレーダー

6mグレーダー











スポンサーサイト
2014.12.20 / Top↑
例年12月中に終われば良しとされる
冬囲いですが・・・

今年はそうもいきませんでした。
雪が降る前にやってあげたかったのですが・・・
枝に雪がついて寒そうです。

雪が降って

雪をはらって
冬囲いです。
これで一安心。雪に耐えて春を待ちます。

冬囲い

春まで耐えて







2014.12.15 / Top↑
遅くなりましたが
やっとレモングラスの冬仕度です。

レモングラスは多年草ですが
寒さに大変弱く、新潟の室外での冬越しは不可能です。

一般的には地植えの場合は
掘り起こして鉢に植え替え、室内で冬越しします。

レモングラス

でも、室内に入れるスペースもないし・・・
そこで、わが家の冬越し方法です。

葉の部分は刈り込みます。

刈り取り

地植えの場合は掘り起こし
鉢植えの場合は鉢からだし
根が張ったり、大きくなっている場合は
適当な大きさに割ります。

根がはって大きかったので
 
それを袋などに入れ
家の中の乾燥しない涼しい所に入れて春を待ちます。
(状況にもよりますが、水やりなどはしません)
春、霜や雪の心配がなくなったら植え付けます。

袋にいれて

涼しいところに

※カビに注意です。
 春だしてカビていたら
 カビているところをキレイに、はぎとって植えます。
※一般的な方法ではないのでご参考までに・・・


刈り取った葉の部分は
痛んだ部分を取り除き、乾燥させます。
ハーブティーやお肉の風味づけなどに。
トムヤムクンに使われることでも有名です。

乾燥
2014.12.15 / Top↑
ブロッコリーを雪の中から収穫です。
なんとか今年に間に合いました。

間に合いました

もう少し遅く苗を植え付けてしまうと
冬を越し春にようやく収穫なんてことも・・・
それでも収穫できるのが
ブロッコリーの凄いところ。

農家さんが聞いたら注意されそうですが
そこは家庭菜園。おおらかに。

そしていました。いも虫・・・
こんなに寒くてもちゃんといます。

冬のいも虫







2014.12.15 / Top↑
剪定や刈り込んだりした
庭のハーブなどを乾燥させておきました。

乾燥させてます

雪が降って庭仕事ができなくなると
それらを使ってものづくりを楽しみます。

今の時期はクリスマスが近いので
ミニブーケを作ろうと思います。

サントリナをツリーに見立て
ラベンダー、オレガノの花、ローリエ、ローズマリー
で作ります。

最後にスターアニス(これだけは買ってきました)
を飾って出来上がり。

ミニブーケ

たくさん作って
お世話になっている人や友達にくばります。

たくさん

2014.12.15 / Top↑
突然、真冬になってしまいました。

これは11月の仕事です。
お庭も冬仕度。
松を中心に雪吊りです。
枝が雪の重みで折れないように
ロープで縛っていきます。

冬の風物詩ですね。

しかし冬本番はもう少し待ってほしいのですが・・・

冬囲い





2014.12.05 / Top↑
美容院の前庭の手入れです。

作業前

枯れていたモミジをぬいて
ジューンベリーを植えました。

全体に選定もしてスッキリです。

手入れ後

手入れ後
2014.12.01 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。